一人暮らし用賃貸物件のバス情報|一人暮らし用賃貸物件の変遷

一人暮らし用賃貸物件の変遷

一人暮らしの場合でも浴室は毎日使う所になります。そのため、一番大事な事は賃貸物件決める前に、まずクリーニングを初めとして管の掃除をきちんとしてあるのかを不動産に聞いてみる事をお勧めします。不備がある状態で使うのはお互いにとってメリットがないと思いますので。その上で、現場を見て下さい。まず、浴室のドアの開閉がスムーズか、鍵の施錠がきちんとできるのかをチェックして下さい。浴室は湿気の多い所のため、気密性は保たれなければなりません。そのため、開閉とともにサッシの枠の部分に隙間ができてないかという事もあわせてチェックできるといいと思います。次に、窓の有無と換気扇についてです。特に、浴室に窓がない場合、浴室を使った後、換気扇は動かしたままにしておいたほうがいいと思います。湿気が溜まりカビの原因にもなります。なので、浴室の窓の有無というものは大事なものになります。また、窓の有無は平面図などを見れば分ると思います。そして、換気扇についてはきちんと作動をするのかを見て下さい。その他には、シャンプーやリンスなど小物を置く場所がきちんとあるのか、シャワーの水やお湯がきちんと出るのかなどをチェックして見て下さい。もちろんお湯に関しては、ガスの契約をしなければ出ないので契約後、確認をして下さい。このように、浴室については賃貸物件の中を見た時にきちんとチェックをすれば問題ないと思います。そして、不動産の情報として平面図の中で窓の有無を考えて一人暮らしの際の賃貸物件を決めていけばいいと思います。

一人暮らし用賃貸物件の近隣情報

賃貸物件で一人暮らしをする上でも隣や近隣の人達との関わりは、良好な生活をするうえで、重要だと思います。例えば、スーパーを初めとする生活必需品を買う場合どこに行けばいいのか、どれくらいかかるのかという事や、ゴミを出す場所はどこになるのか、いつ出せばいいのかなど生活に密着するする情報が近隣の情報だと思います。まずは、不動産の情報から候補を選び、地図上などで自分の生活圏内で必要となる施設、スーパーなどをピックアップします。それを基に不動産へと行ったほうがいいと思います。その上で不動産の方と話をしてその近隣の情報をより詳しく聞いていくとより分りやすいと思います。

一人暮らし用賃貸物件の収納情報

1K、1LDKというような間取りが、一人暮らしの賃貸物件の大部分を占めています。その中で、収納スペースというものは限られたものになります。できるだけ収納できるように、必要最小限の収納家具を部屋の中に置く事で、部屋を大きくする必要があると思います。まず収納は、1畳ほどのスペースがほとんどになります。その中は中段の棚板があり、上段には衣服をかけられるようにパイプがある場合もあります。ただ多くの賃貸物件の基本は中段のみという形になっています。

一人暮らし用賃貸物件の賃料情報

"生活の中でダイレクトに関わってくる賃料は一人暮らしの際は特に人一倍気にすると思います。ここで、賃料,家賃の事になり、毎月払う料金の事になります。賃料はいろいろな要因で変化をします。例えば、利便性(近くに駅、スーパーなど)がある場合、新築や改築の物件の場合などの時は一般的な平均賃料に比べ高く設定されています。また、年数がたった賃貸物件の場合や条件面が悪い場合などは平均賃料に比べ低く設定されています。このように、多くの要因から賃料はそれぞれの賃貸物件において決められています。"

一人暮らし用賃貸物件の築年数情報

"築年数というと賃貸物件が建って何年経つのかと思う人が多くいると思います。一人暮らしを始めようとしている人も、それ,別な視点で、築年数はその時代を表すものだと思って下さい。つまり、その時代に良いといわれた設備や内装が使われているという事です。そして、各部屋の間取りも新しくなるにつれ、広くなっています。そういった捉え方で築年数を見ていくと良いと思います。では、築年数が新しい賃貸物件の場合、問題なく今の時代に合った賃貸物件だと思います。"

一人暮らし用賃貸物件の間取り情報

年々賃貸物件の間取りは変化をし、少しずつ一部屋一部屋が広くなっています。昔であれば、一人暮らし用賃貸物件は1Kが主流でしたが、現在は1LDKが建てられ、1Kにおいても以前に比べ広い間取りの賃貸物件が増えています。間取りが変化していった理由として、プライベートの時間を大切にするようになった事から、普段過ごす場所でゆったりとしたいという考えで、間取りも変化していったのかもしれません。それでは、間取りを決める際にどこを見ればいいのかという事ですが、まずは平面図だと思います。トイレ、キッチン、浴室、居間といった形で簡単に広さなどを見ておくと良いでしょう。

おすすめサイト

関連情報